このサイトは分析と改善のためにCookieを利用します。詳細は こちら

レクチャー4. その他 - 薬剤携行証明書|薬局で役立つコミュニケーションツール 5/6

服薬指導|外国人対応|指差しツール|薬剤師|医療事務|薬剤携行証明書|日本語字幕あり|約3分間

同じシリーズの動画一覧

今回のレッスンでは、外国人のお客様の対応に備え、事前に用意しておくと便利なツール(指差し会話帳、薬剤携行証明書のテンプレなど)を紹介します。たとえ英語を流暢に話せなくても、できる限り適切に外国人客に対応したいと考えている方はぜご視聴ください。 レクチャー4では薬剤携行証明書の作成に伴い役立つ情報を具体的なテンプレートなど解説しています。 「薬剤携行証明書」とは 海外旅行などの際、持参薬など必要な医薬品を携行して出国又は入国する場合、滞在日数に見合う量であれば、ほとんどの場合問題にはなりません。しかし、テロ対策のため、米国をはじめとする国々への医薬品の持ち込みは年々厳しくなっており、各国行政機関と旅行者の間にトラブルが発生しているとの情報もあります。慢性疾患など持病のある方が海外渡航する場合、持参薬を証明する英文での「薬剤携行証明書」があると安心です。 薬局ではときおり、英語での薬剤携行証明書の発行を求められるケースがあるかと思います。ここでは英文薬剤携行証明書のテンプレートを紹介します。 <薬局で役立つ英語のコミュニケーションツール|レッスン概要> 対象英語レベル:初級者以上 対象職種:薬剤師、医師、看護師、医療事務(調剤薬局事務) 講座項目: 1.はじめに 2.レクチャー  2-1.来店時の接客  2-2.服薬指導  2-3.費用の支払い  2-4.その他 *今ここ* 3.演習問題 - まとめ 最後に学んだ単語やフレーズを理解しているかどうかを確かめるため、小テストを行います。全問正解を目指しましょう。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE