このサイトは分析と改善のためにCookieを利用します。詳細は こちら

[アーカイブ]海外で働くとは?カナダ&オーストラリアでの就労経験をもつ柔道整復師が語る!日本との働き方の違い、開業方法、帰国後の変化

キャリア|柔道整復師|マッサージセラピスト|海外で働く|NBA|医療英語|カナダ|オーストラリア|ワーキングホリデー|留学|約55分間

54回視聴

同じシリーズの動画一覧

2022年6月2日に開催されたキャリア講座「海外で働くとは?カナダ&オーストラリアでの就労経験をもつ柔道整復師が語る!日本との働き方の違い、開業方法、帰国後の変化」のLIVE[アーカイブ]です。 当日はカナダとオーストラリアとでワーキングホリデー制度を利用し、働く経験をされた三ツ山様を講師に迎え、「海外で働く上で必要な英語力」や「仕事を始めるうえで必要な手続き」「集客に伴いやったこと」など、具体的にお話いただきました。 こちらの講座は無料会員登録で全てご視聴いただけます。ご興味をお持ちの方はページ下の緑色のボタンから「会員登録」に進みましょう。 <キャリア講座 概要> 学生時代からNBA(National Basketball Association)でスポーツトレーナーとして働きたい!という夢を持っていた三ツ山様は、業界最高峰の『NATA-ACT』(全米アスレチックトレーナー協会のアスレチックトレーナーとしての資格)取得のため、その第一歩として2015年カナダワーキングホリデーに踏み出されました。 カナダでは日本での資格や経験、そして将来の目標を見据え、マッサージセラピストとして働かれました。その後も、オーストラリアでは整体師として開院されています。日本の資格や経験がどこまで通用したのか、就活(面談)の際見に実際に質問されたこと、英語力が低い状態でも技術があれば仕事につけるのか..?など、気になる質問にお答えいただきました。 <目次> 00:03 講座の内容 01:10 講師紹介 03:03 事前アンケート結果のご共有 05:07 海外に挑戦しようと考えた理由 08:06 カナダでの経験 30:57 オーストラリアでの経験 42:26 カナダとオーストラリアの違い 46:39 海外で働く!に挑戦する方にアドバイス 51:09 質疑応答&さいごに Naotoさんのカナダワーホリ体験談 英語以上に得られるものが山ほどあったカナダ ワーキングホリデー https://www.world-avenue.co.jp/experiences/mitsuyamanaoto
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE